新型コロナ

道端でお年寄りが談笑している光景はよくあるけど、マスクをしないで談笑しているのはまだ早い気がする事

今、日本全国で新型コロナのワクチン接種が着々と進んでいると思います。

まず最初に、感染リスクが高い高齢者の人と基礎疾患のある人の接種が始まりましたが、進行の速い自治体では既に中高年の接種が始まっている所も増えている様です。

もしくは、年齢や状況に関係無く誰でも予約さえすれば接種することが出来る大規模接種会場を作って、そこで毎日たくさん人に接種している自治体もある様です。

かと思えば、自治体の手腕がイマイチで、未だに高齢者への2回の接種が完了していない自治体もあるので、接種速度の遅い自治体では対象になっている年齢の人への接種の完了が年をまたいでしまう可能性も出てきている様です。

と言う感じで、各地でワクチンの接種が進んでいる状況なので、当然2回のワクチン接種が終わった人も増えているのですが、流石に路上でマスク無しで談笑している所を目撃してしまうと、誰でもちょっと焦ると思います。

かつてはマスクなどせずとも路上で談笑していても特に誰も気に留めなかった世界だったのに、今ではマスクをしないで談笑と言うと=感染リスクが高いと感じてしまう様になってしまったので、少々窮屈な世界になってしまったのは言うまでもありません。

マスクをしないで路上で談笑している人の多くが高齢者で、多分彼らは2回のワクチン接種が終わって安心しきっている人だと考えられるでしょう。

確かにワクチン接種をすれば感染リスクが減り、かつ感染しても重症化しにくくなっていると言われていますが、万が一がある可能性も残っている事を出来ればいつでも念頭に置いて行動して欲しいですね。

それに、まだまだ周辺では2回のワクチン接種を終えてない人の方が多いので、ゴミの回収日にゴミ置き場にゴミを持って行った帰りに近所の知人に会って立ち話をする時は、例えお互いが2回のワクチン接種が終わった者同士だったとしても、マスクをして話す事をお勧めします。

ただ、これをワクチン接種が終わった高齢者に言うと結構反発して来る人が多かったりするので、なかなかに言いづらい状況になっているのが非常に面倒臭いかも知れません。

この様に、2回のワクチン接種が終わった人にマスクを着けないで外を闊歩している人が多いのですが、ワクチン接種が終わったからと言って完全にコロナに感染しなくなる訳ではない事はスッキリ忘れられている様な気がします。

インフルエンザの予防接種をしたのにインフルエンザに感染した経験のある人が多い様に、新型コロナでもそのパターンに陥る可能性がある事を、もっと認識して欲しいですね。

とにかく、ワクチンは万能の神でも何でもなく、人類が未知の脅威に対して急ごしらえで作った防衛策の一つと言う事を理解して行動して行きましょう。

 

-新型コロナ