新型コロナ

感染者が急増で県境をまたぐ移動は禁止と言われても、全く動じない平常心で居られる人は結構多い

どうやら、今年もまたあの昨年の全国規模の緊急事態宣言の時の様な県境をまたぐ移動に制限が課せられることになる様です。

県境をまたいで出かけて行くレジャーやイベントには行かない様にと、各自治体から通達が来ることになるのでしょう。

ただ、県境をまたがないと通勤出来ない人はどうするのか?と言う話になってくると思いますが、多分またリモートやテレワークをして乗り切るしか無い様な気がします。

幸いな事に、今の時期はほぼ完全に学生達が通学しない夏休み時期と言う事もあるので(部活のある人だけ電車に乗っている)、県境どころか外出をするのもよっぽどの事が無い限りしない様にと禁止令が発令されれば、県境をまたいで移動する人は通勤している人だけになると思います。

必要不可欠な移動の場合は致し方が無い気がするので、政府もその点に関しては目をつぶってくれると思いますが、夏休みを利用してどこか遠くに出かけようとしていた人には大打撃かも知れません。

予約していたホテルをキャンセルしなければなりませんし、何より既に買ってしまった電車や飛行機の切符も払い戻ししなければならなくなるので、かなりの精神的なダメージを受ける人は増えると思います。

どうしてまた今年も、どこにも出かけられない夏休みを過ごさなければならないのか?と密かに怒りが心頭してしまっているかも知れませんが、連日の感染者数を目にしていれば怒っている暇もない状況だと言う事を理解出来るでしょう。

とは言っても、誰しも家探しの様に感染拡大して行った原因を探そうとしてしまうのですが、多分オリンピックが開催されてもされていなくても感染は拡大していたと思います。

多分最大の原因は夏休みだと思われるので、もし例えば夏休みが無い世界線だったらこんなに感染が拡大していなかった可能性があるかも知れないのです。

増加している感染者の多くが若い世代の人、特に10~20代の人の感染者が増加している事を鑑みれば、夏休みでウキウキ気分の学生達がはしゃいだ事が感染拡大の要因の一つになっている可能性も考えられると思います。

中には、まだまだオリンピックの開催だけが感染拡大の原因だと言っている人も居る様ですが、今回の今の日本全国の感染者数の増加が果たしてオリンピックだけの所為に出来るのか?と言うと、かなり無理がある様な気がするのです。

色々な要因が重なって今の状況になってしまっているのですが、県境をまたぐ移動や外出禁止令が出たとしても全く動じない人も居るので、どうしても出かけたい欲求を満たしたかった人は彼等を見習ってほしいですね。

その、何をどうされても動じなそうなその彼等と言うのは、基本的に家が大好きで、家の中に居れば安心で出かけて行く事の方を苦痛に感じる人達です。

引きこもりと言う訳ではないのですが、家に居る方が気分的に落ち着けるタイプの人と言うべきかもしれません。

このタイプの人は日本には結構存在していて、昨年のステイホームの時でも全く動じずに家で楽しく過ごしていたそうでした。

今年も家が大好きでステイホームがデフォルトの人向きの夏休みになる事が決定してしまったので、どこかに出かけようとしていた人は友人知人の中に数人は存在しているであろうこのタイプの人に、家でも楽しく過ごせる方法を聞いてみると良いでしょう。

-新型コロナ