新型コロナ

最近は若者の感染者数が増加している様だけど電車の中などで若者を観察していると、いつ感染してもオカシくない行動をしている

多分若者の感染者数が増加している背景にあるのは、デルタ株が流行っている事だけではないと認識している人はまだ少ない気がします。

そもそも最初の新型コロナが蔓延し始めた頃は、子供や若い世代には感染しにくく中高年から高齢者にかけての年代の人が感染しやすい株が流行っていたのです。

なので、小学校や中学校ではある程度の感染予防対策が取られていたものの、大人程は気を付けていたかと言うとそうでもなかった様な気がします。

不特定多数の人が触るエレベーターのボタンやドアに触ったり、電車の手すりやつり革に触った手を都度消毒しようとはしていなかったし、どうしても触らなければならない状況に置かれたときは、除菌効果のあるウェットティッシュを駆使して触ると言う事もしていなかったと思うのです。

毎日の通勤で電車を使っている大人の中には、そうやって自分で感染予防をしている人は多いのですが、電車で通学している若い学生さんを見ていると、全く予防対策ををしていない様子が見受けられます。

乗っている電車の車内放送でもしきりに注意喚起している、マスクをしていても感染するリスクはあるので車内で会話をしない様にしましょうと言っているのが聞こえているのかどうなのか分かりませんが、延々と仲良しのお友達同士で喋っている光景をよく目にしますし、どこの誰が触ったとも分からない手すりに触った手で顔や目を擦っていたりするので、いつ感染してもオカシくない状況になっていると考えられるでしょう。

他にも、電車の中の色んな所に触った手を除菌することなく、手でつまんで食べるタイプのお菓子を平然とつまんで口に運んでいたりするので、かなり感染リスクが高い状況に自分を置いていると言う認識が欠落しているように感じられるのです。

もしかすると、学校で感染予防の対策を教えていると思っていたのですが実際は、本当に知るべき情報は伝達されていない可能性があると考えた方が良いのかも知れません。

若い人達にも伝わる様に、ゲームやアニメのキャラを使ったりしてしっかりと注意喚起しないと、経路不明の感染が拡大していく事になるのです。

それと、テレビのニュースの報道などでは、感染拡大要因の中で最も重要視されているのが飲食店での飲食だと言われているので、よもや若い人たちの迂闊な行動が感染拡大の一翼を担っているとは露程も思われていない可能性が高いと思った方が良さそうです。

これから先、まだまだ感染してしまう人が増えるかも知れませんが、新型コロナがどうやって人に感染していくのかをもっと知って、確実に予防行動を取って行って欲しいと思います。

 

-新型コロナ