未分類

長い文章の記事は読むのが嫌になる件

何か調べようとするときグーグルで検索して1ページ目に載っているサイトを普通は見ますよね。

そこでタイトルを見てこの記事にしようとクリックするわけですが、読みたくもない記事をダラダラと書いていて、調べたいことがすぐに見つからないサイトやブログにけっこう出くわします。

私もブログを書いているので気持ちは分かりますが、グーグルに気に入られようとやたらと説明が長い文章が多すぎます。

長い文章=読者を満足させられる文章とは違うような気がしますが、グーグルがそういうサイトやブログを評価して検索上位にするのですからしかたありません。

読んでいて面白く楽しい記事なら我慢も出来ますが、ただ調べものをする場合は別に記事の内容なんてどうでもよくて、結果だけ知りたいのでスクロールして読みたいところだけ読みます。

つまり一生懸命書いた記事でもほとんど無駄な記事とは言いませんが、読む側からすれば短くて端的な記事が欲しいわけです。

しかし短くて端的な記事ではコンテンツ不足とされてしまうのです。おかしな話ですね。

まあこの文章もダラダラ書いていますが、端的に言えば長い文章は読む気しないので短く端的にまとめた文章をもっと評価して欲しいという事です。

昔から長いスピーチは嫌われますしね。

-未分類