未分類

「ねばならない」をやめる生き方

近頃の日本社会は、良いも悪いも一昔前の常識や価値観が通用しなくなって来ました。

常識やマナーは社会人として働く上で勿論大事なものですが、今の時代に合わなくなってきている考え方も少なくはありません。

適度に固定概念を外す方がむしろ現代の日本社会では柔軟に無理なく働いていけるが実情です。

人一倍責任感が強く、何事も真面目に勤勉に取り組まなければいけない、こういった生き方をしていると多様化が進んだ今日、どこかで生きづらさを感じやすいです。

多様な価値観や新しい常識が続々と登場する現代社会ですが、その一方で日本の学校や組織ではまだまだ旧態依然とした教育や少なからず指導が行われています。

「仕事は常に完璧にしなければいけない」や「一つでもミスがあれば、0点として扱う」や「いつも真面目で勤勉でなければ低評価をする」等、学校や組織では社員や生徒に対して「ねばならない」の思考を教え込む環境があります。

真面目で勤勉な性格の方ほど、良いも悪いもそういった「ねばならない」の環境に適応しやすく、必要以上にルールを守ったり、自分や他人に必要以上にストイックな姿勢を取りやすいです。

親や教師、上司から厳しすぎる指導を受けて育った真面目な若者は、悪い意味での完璧主義者になります。

客観的に見れば充分な成果を出したにもかかわらず、一つのミスが許せずに自責の念を抱いてしまったり、完璧な成果を挙げられない場合は仕事や勉強を先送りする等、悪い意味での完璧主義者に陥るとライフスタイルに支障を来し始めます。

その対策としては、過去に親や教師等から刷り込まれた「ねばならない」の思考を上手く手放していく事です。

「一つでも失敗があるのは許せない」ではなく、「失敗が一つあったのは反省点だ。しかし一方で殆どの部分は成功したので自分を素直に褒めよう」等といった風に考え方を柔軟に転換し、前向きな視点を持つように意識を改善します。

「いつも真面目でなければ他人から嫌われる」というのもある種の固定概念であり、「真面目である事は確かに大切だが、時と場合によってはお調子者になっても他人から嫌われる事はない」という風に、今までの人生で培ってきた価値観や常識を良い意味で壊し、リフレーミングする事が求めます。

いわゆるメンタルが強いと言われる人々は、固定概念を外すのが得意です。無意識的に出来る人もいれば、努力の末に上手くネガティブ思考をポジティブ思考に変える術を学んだ場合もあります。

-未分類